松の司 蔵元ブログ

あけましておめでとうございます☆

新年のご挨拶
& VOGUE.COM 掲載のお知らせ

みなさま、新年明けましておめでとうございます。
いつも蔵元ブログをご覧いただき誠に有難うございます。
本年も変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

新年を迎えた現在、今季の酒造りの45%ほどを仕込み終え、「残り約半分、頑張ろう!」といったところです。
これから春に向けて、少しづつ新酒もリリースして参ります。
今年の「松の司」をどうぞ楽しみにお待ち下さいませ。

またこの度、VOGUE JapanさまのWebサイト VOGUE.COMの「ライフスタイル(グルメ)」にて、当蔵とその商品を掲載いただきました。
是非、ご覧下さい。

vogue.co.jp特集記事はこちら

自動代替テキストはありません。


ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

[PR]
# by matsunotsukasa | 2017-01-05 22:23 | Trackback | Comments(0)

上槽☆

お元気様です☆管理人Kです。


しかし、ぬくい(暖かい)です!!11月も終わろうとしていますが、気温が下がらず参ります。
明日以降は少し寒くなそうなのですが、日本酒の醸造的には早く寒くなってもらいたいところです☆

さて仕込みの方はというと、今のところ14号まで留めています。(留とは三段仕込みの三段目が終了しているものです)
これから第一期の大吟醸の仕込みに入ります。ますますフインキも良く蔵内の士気が上がってきております☆

f0342355_19201790.jpg
この時期多方面から新酒の情報がどんどん入ってきておりますね。皆さまはどうですが?このH28BYの新酒はもう飲まれましたか?松の司の新酒も良い感じに仕上がっておりますよ!

てことで、新酒の情報です☆

先日、今季初上槽(搾り)を行いました☆最初の新酒は毎年、心が躍ります。とてもキレイな色、素晴らしい香り、新酒の若さを感じピチピチとした舌触り、粗くも米や麹の甘味をグッと凝縮したそれは喉元をスルリと通り抜けて行きます。
頭で考える前に、思わず「旨い…」とこぼしてしまいます。

f0342355_19202072.jpg

そしてこの時期、松の司と言えば「にごり酒」。仕込みに入り、最初に販売されるのがこの商品。
いよいよ11/28~より順次店頭販売となる予定になっております。申し訳ございませんが発泡性の為、県内流通のみ(一部県外)となっております。
本日より瓶詰を開始しました☆もう少し、もう少しでお客様の元へ届けられるかと思います。もう少しお待ちくださいませ☆
f0342355_19202480.jpg
f0342355_19202765.jpg
今年は純米仕様となっております。年々進化していく松の司をこれからもよろしくお願いします☆

にごり酒、その他、松の司の販売店はこちら→松の司 小仕込みの会

                                    管理人K☆



ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

[PR]
# by matsunotsukasa | 2016-11-22 19:47 | 商品情報 | Trackback | Comments(0)

「松の司」ご購入についてのお願い

「松の司」は蔵元直売を行っておりません。遠方より蔵元へお買い求めにお越しいただく方にも誠に恐縮ですが最寄りの特約店にてご購入いただきますようご案内させていただいております。特約店はホームページ上にて公開しておりますので最寄りのお店を検索いただきご購入いただければ幸いです。(なお、近江八幡市・竜王町の一部の店舗で「松の司小仕込(こじこみ)の会」に加盟していない販売店は掲載しておりません。)また、近くに特約店がない方は地方発送を行っている特約店様でのご購入をお願いいたします。

「松の司」はタンク1本当たり1.2t以下の白米総量の仕込みでじっくりていねいに造られます。そのため大量生産には向かないために生産本数が限られることからどこの販売店でも並ぶということはありませんので販売窓口も限られているのが現状です。

近頃特約店以外のネット通販やオークションサイト、大手スーパー等におきまして「松の司」を販売している事例が報告されています。魅力的な販売窓口でありますが蔵元との直接的なお取引がない中での販売となっていることでお客様にとって正規の金額ではないご負担を強いていることや、商品管理上責任ある特約店様から手を離れたところで販売が行われていること、およびその取扱い方法や販売スタイルにつきましては蔵元の意図するところからかけ離れた状態であることとご理解いただき、皆様におかれましては引き続き「松の司」特約店でのご購入をお願いいたします。

特約店一覧はこちら(松の司HPへジャンプします)

蔵元ブログブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村


[PR]
# by matsunotsukasa | 2016-11-19 17:02 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

第4回「松の司を楽しむ会」in 近江牛ラストラン・ティファニー

10月30日(日)「松の司を楽しむ会」が近江八幡駅前の近江牛レストラン「ティファニー」にて開催されました。
言わずと知れた近江牛販売の名店のカネ吉さんの直営店で2・3階がレストランになっています。

f0342355_07491172.jpg

食事とお酒の相性をテーマに開催されること今回で4回目を数えます。

料理に合わせたお酒の提供というコンセプトで今回合わせたお酒は

懐石料理用として

・和風ローストビーフに「純米吟醸 AZOLLA」
・牛トロずし炙りに「純米吟醸 竜王山田錦」
・近江牛ロースつゆシャブ仕立てに「大吟醸純米 黒」
・特選フィレステーキに「純米大吟醸 AZOLLA」(旧称・BLACK Azolla)

燗酒用として
・特別純米酒(小仕込の会限定酒・みんなで選ぶ滋賀地酒会・びわこ賞受賞酒!)
・きもと純米酒

そして特別に乾杯酒として
・出品大吟醸 純米渡船(第10回「みんなで選ぶ滋賀の地酒会」知事賞受賞酒!)

をご用意。

近江牛懐石に舌鼓を打ちながらお酒が次々と提供され、楽しく歓談の時を過ごすことができました。
最後に今回の会の取り仕切り頂いた「酒のさかえや」さん代表の宮川さんによる一本締めで大盛況のもと終えることができ、スタッフ一同ホッとしております。

f0342355_07544652.jpg
今回ご協力いただきました
ティファニーさん
「さかえや」宮川さん
デザートスイーツをご提供いただきましたアンデケン島田さん

そして何よりこの日を楽しみに来ていただいた「松の司」ファンの皆様

ありがとうございました!

また、今回残念ながらチケットを取れなかった方々(キャンセル待ちで20名以上おられたと聞いております…申し訳ありません)
次回は春に京都にて「きき酒会」を
秋ごろに「楽しむ会」を開催予定しておりますので乞うご期待ください。


ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村


[PR]
# by matsunotsukasa | 2016-11-05 08:06 | 日記 | Trackback | Comments(0)

利き酒☆

お元気様です。管理人Kです☆

本日滋賀県では、午後より雨模様。気温がグッと下がり寒さを感じるようになりました。

今日は大阪で行われた醸造者向けの鑑評会「大阪国税局清酒鑑評会」に参加してきました。
f0342355_21172134.jpg
弊社と他社を比べ、何が欠点なのか、何が足りなかったのか、結審を上がる酒と上がらない酒の差を何度も利いて今年の造りに生かすべく、検討してきました。秋に開催されるこの会は出店数も少ないながらも約200点近くあります。
まとまったきき酒をするといつも舌が疲れます。それもこれも、金賞が欲しいのではなく、金賞を取れるまでの技術力が良い酒を造る技術になる。それが弊社の品質の向上につながると考えています。
ピースは揃っているように思います。あとは上手く組み合わせていくだけ。。その「だけ」が、また難しい。だから面白い。

朝の仕込みがあり、少し遅めに入りましたが15時の終了までじっくりと利き酒をし蔵に帰ると…
f0342355_21172409.jpg

蔵の入り口の花器が素敵でした。いつも管理しているH氏。鬼灯が素敵です。
f0342355_21172638.jpg
なんとも素敵でした☆


                                         では☆管理人k。

ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

[PR]
# by matsunotsukasa | 2016-10-28 22:02 | Trackback | Comments(0)