松の司 蔵元ブログ

新春のご挨拶

f0342355_15035745.jpg
皆さま、明けましておめでとうございます。
管理人Hです。


“平成最後”という言葉が飛び交っている今日この頃。一つの節目が訪れようとしていますが、昨年は当蔵にとっても変化の年でした。
「松の司」の中核を担ってきた「純米吟醸 竜王山田錦」と「純米吟醸 AZOLLA」という主役級の2アイテムがそれぞれにコンセプトを深め、新たな商品としてリリースされました。
『純米大吟醸 竜王山田錦[土壌別仕込]』そして『純米大吟醸 AZOLLA50』です。

見た目は大きく変わっていませんし、パッと見パッと聞きではゆるやかなマイナーチェンジの様ですが、そこには大きな革新があります。
これまで、“ここ竜王の土地への感謝とここにしかない価値の創造”ということを日本酒で体現すべく歩んできた中で様々なアイテムが生まれました。
中でも当蔵の取り組みの根幹を表現する揺るがない2アイテムが、何かとの差別化としてではなく、その幹をより太く、その根をしっかりと深く、本来のあるべき姿へと進化出来たこと、そしてその姿をファンの皆さまに受け入れ認めてもらえたことは、今後の「松の司」にとって大きな大きな一歩となりました。

f0342355_16220483.jpg
蔵では年末年始にかかわらず醪たちのお世話や仕込みが続いています。
まだまだ今期の酒造りも先は長いですが、皆さまに喜んでもらえるお酒を、笑顔で「美味しい」の一言をもらえるお酒を真摯に造っていきたいと思います。

暖冬とはいえ、皆さまくれぐれもお身体ご自愛下さい。
そして本年も「松の司」をどうぞ宜しくお願い申し上げます。



ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

# by matsunotsukasa | 2019-01-07 16:36 | 日記 | Comments(0)

年末のご挨拶☆

お元気様です。管理人Kです。

年末のご挨拶と言うことで。

造りが始まりアッという間に年末となりました。
今年はなんと言っても受賞ラッシュな年だった事が、当蔵としてとても喜ばしいことでありました。
全国新酒鑑評会二年連続や、大阪国税局2部門受賞、滋賀県地酒の祭典知事賞、びわこ賞受賞、関西酒質向上委員会W受賞。等、多数のコンテスト受賞させて頂きました。
しかしこれらの賞を獲れるから、売れる酒や人気のあるお酒。とは限らないのが日本酒です。
あくまで全国新酒鑑評会などは金賞を受賞できる技術を磨くわけで、売れる酒を造っているわけではないのです。ただ、その技術力とは、自分たち(蔵)が理想とする日本酒に近づけることができる技術があると言うことが、表彰されたとてもうれしい賞なのです。より理想に近づける技術を磨く、そして蔵の想いがお客様により明確な形で伝えることができる。そんな意味がある賞だと思っております。
また、滋賀県の知事賞などはお客様より直に選んで頂いた一本と言うことで、これも大変光栄でした。そして、関西酒質向上委員会。こちらは酒販店様部門、蔵元様部門でW受賞と技術的にも商材的にも選ばれたような気がしてとてもうれしい賞でしたね。

しかしこれらはあくまでコンテストであって獲れたから良しではありません。結果の一つとして受け止めて自信に繋げ、今後も「日本酒の本質とは何かを常に考え”美味しい以上に大事なこと”を求めて行きたい 」ですね。

嬉しいことばかりではなく、今年は仕込前より酒米が天候不順などの影響などがあり収量が落ちたりと、今期の製造数量に影響がでてしまう可能性があります。。これらのことを思い返すと一年がアッという間のことですね。
松の司の仕込の方は三分の一が終わったところぐらいでしょうか。まだまだ仕込は続きますが来年もよい年になるように、良き酒を仕込、皆様にお届けできますよう精進して参ります。

本年も大変お世話になりました。来年もまた一つ、どうぞ「松の司」をよろしくお願い致します☆
f0342355_16085949.jpg
蔵の入り口には管理人Hが活けて帰った正月仕様の飾りが、グッとお正月の雰囲気をだしてくれています☆

このブログ更新で仕事納めとさせて頂きます☆皆さま良いお年を。管理人K


ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

# by matsunotsukasa | 2018-12-31 16:15 | 日記 | Comments(0)

新酒 あらばしり 発売しております。。

お元気様です☆管理人Kです。

しぼりたて楽の出荷から早2週間。あらばしりの出荷が始まりました☆

しぼりたて楽の告知の時は「あらばしりへの期待値が上がります」と公言させて頂きましたが。。。
その真意たるや、なんと言っても飲んで頂くと一番分かりやすいのでぜひ店頭で手に取って見てください!
しぼりたて楽を飲まれた方は、特に飲んで頂きたい。

日本酒はお米を磨きます。なぜ磨くか?
その真意が味わいとして出ているように感じます。楽の時はバランス。甘みを軸にお米から出てくる味わいをまとめあげた…。
名の通り「楽しめる…」そんな仕上がりでした。
この「あらばしり」。甘みの軸がより鮮明に出てきます。引き込んだ一口目、ダイレクトにそれを感じることができます。
しぼりたて楽よりお米を磨いている分、より軽快になり柔らかな甘み。穏やかな広がりを感じながらその軽快な甘みはスッとキレます。とてもやさしい味わいに思います。お米の味をより鮮明に感じてもらえるそんな商品になっています。飾らない、純粋なお米の甘み。舌の上で沁み込んで行くような錯覚すら覚えます。
「甘い」や「柔らか」などと表現しましたが、決して甘口の酒と感じさせないのが魅力。軽快さゆえに甘みを感じてもしつこくない。この魅力。。どう伝えるか…。飲んでい頂くしかありません。。
f0342355_17510857.jpg

ぜひお問い合わせください☆
販売に関するお問い合わせは…いつものようにこちら→松の司 特約販売店様
f0342355_17551552.jpg
辛口、甘口、旨口…様々な言いようがありますが、最近の日本酒の味の傾向などを見たり利いたりしていますと、もはやその括りでは表現出来ないようになってきていますよね。もっと何か違う表現の仕方があるように思います。ある小売り店様は「リッチ」や「モダン」、「クラッシック」など様々な、表現されている本を出されていますそこには料理との相性などと一緒にご紹介して下さっていたりと、楽しみ方の幅が広がっています。
いろいろな種類がある昨今ですが、時代が変われど人に良いもの心地よいものは変わらない。そこに落ち着くべく酒に近づいているように思います。
管理人K。


ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

# by matsunotsukasa | 2018-12-22 18:05 | 商品情報 | Comments(0)

新酒しぼりたて楽。発売開始☆

こんにちは☆管理人kです。

先日ご案内いたしました「松の司 純米にごり」飲んで頂けましたでしょうか?
地元弓削産のみずかがみのみを使用した純米にごり、今のところ大変ご好評いただいております☆

さて今回はにごり酒の次は「しぼりたて楽」のご紹介!

当蔵は例年、新酒シリーズで「にごり」「しぼりたて楽」「あらばしり」と、生酒シリーズを限定発売しております。今年もその流れなのですが
毎年同じでも、毎年違う…。ちょっとややこしいですよね?でも、日本酒は当蔵はそうなんです。これもBY(Brewery year)醸造年度での表記を行って
います。これにより今年収穫されたお米を初めて使用するわけですから、同じ品種のお米でもその年の気候が違えばお米の生育もやはり変わってきます。
と、なると昨年のしぼりたて楽とはまた違う味わいのお酒になりますね。と、これは昨年も同じ事を書いたような…(笑)

今年のしぼりたて楽ですが…(やっと味わいの話。。)
昨日瓶詰を行って、12/7より店頭発売となりますので、お近くの特約販売店様へ お問い合わせくださいませ☆

味わいとしましては、まさに「楽」にふさわしいジューシーさと果実味。味の幅がありながら芯にはしっかりと甘みの柱が立っています。
少しの酸味が新酒のフレッシュさを感じさせます☆そのすべての味のバランスをまとめ上げているのが、先ほど柱になっていると表現したお米からくる甘み。
一見甘みとなると、ボワッ~っと少し重いイメージをしてしまいますが、全体の味わの中にシュッと澄み切った軽快な甘み。軽快がゆえに口に含んだ瞬間は「あれ?辛口かな?」と思ってしまいますが、じっくりとお酒を利いてみるとそこにはしっかりと、味をまとめ上げている「甘み」がそこにはあります。
これをぜひ感じて頂きたい。甘みを感じるお酒は数あるけれど、こんなにきれいな甘みを出せるのはなかなかないように思います。
f0342355_18011822.jpg

ぜひ、お試しください☆きっとこの後に出荷される「あらばしり」への期待がグッとあがる事、間違いないと思いますよ。もちろん私はもうすでに利き酒させて頂きましたよ☆しぼりたて楽との差。どちらもしっかりと個性がありそれでいて「松の司」の核の部分はピタリと一致します。これがまた…。っと、長くなりすぎますね。あらばしりはまた次回にでも。ここまで書いていくと、改めて自分のところのお酒がやっぱり好きだと感じてしまいますね。第一線の松の司ファンだと自負致しました。ww

長々と書きましたが、冬に入り鍋が美味しい季節。と、同様に新酒が楽しめる季節を純粋に楽しんで頂ければありがたいかと思いますので、ぜひ手に取ってみてください☆どうぞよろしくお願い致します☆

管理人K。

ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

# by matsunotsukasa | 2018-12-06 18:01 | 商品情報 | Comments(0)

「純米にごり酒」鋭意出荷準備中!!

各方面からたくさんお問い合わせをいただいております今年の「にごり酒」

11/26(月)蔵出し出荷開始となり11/27(火)ごろから順次店頭に並びかけることになります。
今しばらくお待ちください。

f0342355_15011511.jpg
まるで牛乳のようですがお酒です。

酒青瓶に乳白色のにごり酒が充填されていきます。
去年までは緑瓶を使用していましたが、スペック変更に伴いラベルを含めデザイン一新
フルモデルチェンジを経て皆様には初のお目見えとなります。

f0342355_15043449.jpg
何がどう変わったのか?

原料米に地元弓削の農事組合「ファーム弓つくりの郷」の皆様が丹精込めて育てていただいた「弓削産 みずかがみ」を100%使用。

特定名称の付いた 松の司「純米にごり酒」 という名称になります。

弓削の地下120Mからくみ上げた仕込み水で、

そして弓削にて創業158年目当蔵にてじっくりと仕込みました。

「純米大吟醸 竜王山田錦」土壌別仕込シリーズに続く「テロワール」
その土地の素材にこだわりその土地でしか出せない味わいを追求した、まさに究極の「The 弓削」となります。

さわやかな香りと上品なのど越しの中にフレッシュな発泡が盃を進めます。
竜王町弓削の地に思いをはせながらお楽しみください。

希望小売価格:2,350円(税別)
1.8Lのみの販売となります。

この商品は発泡性がありますので温かいところに長時間放置しますと瓶内の圧が上がり中身が噴き出る場合がありますのでご注意ください。
また、ガス抜きの付いた栓を使用していますので瓶を傾けると中身がこぼれる場合がありますのでご注意ください。

この商品はこれらの注意点があるので地方発送には向きません。
そのため地元のみの販売となります。
ご了承ください。

お求めは松の司小仕込の会会員店までお願いいたします。
         ↑クリックしていただくと松の司特約店一覧にジャンプします。




ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村





# by matsunotsukasa | 2018-11-23 16:24 | Comments(0)