松の司 蔵元ブログ

あけましておめでとうございます!!

毎度様です☆管理人kです。

旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いします。

冒頭少し季節外れのお言葉が並びますが、本日7月1日は「酒造年度の切り替わり」の日なのです。
酒造年度なんて聞きなれない方がほとんどでしょうが、いわゆるビンテージというやつですね。
当蔵の商品の裏ラベルには記載していますが、「H25BY」とか、言うあのあれです☆

本日よりH26BYとなります。んじゃこの「BY」とは何ぞや??と、これも何度か書かせて頂きました
これは「Brewery Year」のBYです。酒造年度と言われるものになります。

今が平成26年でやっと追いついた感じになりますが、ややこしいですよね?
寒造りの当蔵は酒造期(約10月~5月頃まで)の間で年をまたぎますので、一時的に平成27年なのにH26BYと
呼び、ややこしく感じますがこのBY表記を知っていれば、少し通な感じになります。
通とも言わず、醸造工からすると毎年お米の出来が一定ではないので、年度で分けている方が楽しみ方が
増えますよね☆
ワインなどのビンテージチャートがあるように、日本酒にもあってもいいのかな?
「松の司の楽は23BYはイマイチだったが、24BYは驚くほどよくなっていたよ!」
なんて会話を利き酒会なんかで、お話頂ければそれはもう楽しくなりますよね!

と、いうことで「あけましておめでとう」だったのですね。

何かが新しく始まると言うのは、わくわくやドキドキ楽しみだったり…心配や不安だったりいろいろなことが
混ざり合うタイミングですよね。
私個人的には後者の時がほとんどだったりするのですが、考え方や意識を少し変えるだけですぐ前者に変わったり
します。そのきっかけが経験であったり自分のやってきたことに対する自信であったりするのかもしれませんが
毎年の積み重ねにプラス今年は野菜を育てる。これが意外に大きく作用している気がします。
無農薬がいい!自然派がいい!!知ってはいても実感すると、しないでは、大きく違います。
「野菜を意識して食べる」なぜおいしく感じるか…。自分たちで汗をかき育てたから…。野菜におはようと
声をかけ続けたから…。作った人の顔が見えるから…。

たったこれだけで、意識がガラリと変わりましたよ。

この意識の変化がこのH26BYの造りに作用し、新たな松の司の良さを引き出す一端を担えたら
良いことだろうなぁ…なんてH26BYの造りにわくわくしております☆
また松の司を買って頂く方に顔が見えるよう自分たちの見せ方も考えていきたいですね。

さぁ~!!今年もよろしくおねがいいたします!!

                                       管理人 K ☆

さて、お待ちかね?今日の野菜の便りです。
f0342355_17464124.jpg
これはなんと「オクラ」の花なんですよね。すごくモダンで美しくびっくりしたのでした。
いやほんとキレイ…見つけた時の感動を伝えたいぐらいです☆





これ前のブログ記事はこちら→蔵元ブログ

ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

[PR]
by matsunotsukasa | 2014-07-01 17:53 | 日記 | Comments(0)