松の司 蔵元ブログ

良き日☆

皆様お元気様です☆ 管理人kです。。

まず最初に、先日行われました、第一回松の司を楽しむ会11月16日の部が無事終了致しました。
お越し頂いた皆様、誠にありがとうございました。
また次回11月23日の部もおかげさまで予約満席となりました。
心より御礼申し上げます。

そして今日のタイトルにあります。「良き日」と言うのは…。
本日無事に仕込み1号タンクの上槽(搾り)となりました☆
f0342355_22131265.jpg
やはり最初の一本目が搾れるとすごくホッとします。と、同時にどんなお酒になっているかと
数日前より蔵人みんなでわくわく…。
f0342355_20371208.jpg
搾り機より垂れてくる26BY最初の松の司は「とても素直なお酒」です。
今年はなんと言っても井戸水が変わったこと。新たに掘った井戸水を使用しての仕込み。
今まで使用していた井戸の水の様子がおかしく、杜氏の一大決心で行った新井戸の掘削。
杜氏の願いが通じたのか、新井戸からはとても良い水が出てきました。

この新井戸と今年度産の地元竜王のお米で仕込んだ、最初の一歩。
生まれ変わった「松の司」の味は、水の旨味がそのまま残り、引き込みの優しさが際立ち
新井戸の滑らかな水の口当たりを感じ、それでいて今までの松の司の良さであるキレイで香りが立つキレの良さを
合わせ持つ…。新酒の荒々しさを感じても尚、軽快さの方に引き寄せられる…。
「今までにない松の司」に仕上がった、そんな風に思いました。

石田杜氏が垂れ壺より搾れた酒を汲んできて一口…。

「えぇ酒に仕上がった。」

この一言に井戸を掘る決断をした際や、一本搾れるまでの経緯などを思い返すとグッとくるものがありました。
毎年行う日本酒松の司の仕込み…。それでも今年の第一歩は今までとは違う一歩になったように思い
その結果が良い方に向かっていると感じれた…そんな「良き日」になりました。

これから仕込みが終わる5月頃までどんどんお酒を仕込み搾って行くのですが、この一本の喜びを
続けて行くのは難しいですが、常にこの感動を胸に置き日本酒に向き合う冬にしていきたいですね☆
そうすることが、お客様へ良い酒を届けれる結果にツナガルことを祈りながら…。

f0342355_20370414.jpg
                                               管理人 k。

この一本目より松の司にごり酒も造っております。
これから調合、瓶詰を経て皆様の元へお届け出来る日が近くなってきました。
販売等の情報は後日UPしますので、ブログやFBの方チェックをお願いいたします☆




ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

[PR]
by matsunotsukasa | 2014-11-17 21:07 | 日記 | Comments(0)