人気ブログランキング |

松の司 蔵元ブログ

「第三回 近江の新酒きき酒会」来場御礼!

滋賀県酒造組合主催の「第三回 近江の新酒きき酒会」が3/21(木/祝・春分の日)大津プリンスホテルにて盛大に開催されました。

f0342355_08022850.jpg

ご来場総数1,800名。

一時会場はひと・ひと・ひと。
ブースでは次から次にグラスの手が伸び、お酒を注ぐのにてんてこ舞いでした!

出品酒は計8種類。
中でも「純米大吟醸 竜王山田錦」の土壌違い「橋本」「山之上(発売前の参考出品)」の比較は
同じ原料スペック・同じ酵母・同じ仕込でこうも違うか!
という驚きの声が多々ありました。
それぞれの土壌に関する質問も飛び交い、関心の高さがうかがえ、
また消費者様の生のご意見を聞くいい機会となりました。

途中、三日月滋賀県知事も来場され一斉に「日本酒で乾杯!」が行われ、会場は大いに盛り上がりました。

終盤、幾種類かのお酒は完売となり残念な思いをされた方もおられましたが、
ゆっくりとお客様と談笑することもでき、皆様の楽しそうな顔が印象的でした。

お忙しい中たくさんの方々がブースに足を運んでいただきありがとうございました。
あらためて感謝いたします。

このあと、
5/19(日)には同じくプリンスホテルにて「Sサーフ・酒の会」
6/2(日)には「松の司 酒の会in守山」が守山駅前の都賀山荘にて開催決定!
となりました。

皆様お誘いあわせの上、多数ご来場ください。


ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

# by matsunotsukasa | 2019-03-23 09:48 | 日記 | Comments(0)

九州酒蔵開き2019☆

お元気様です☆ いつものKです。

先だって告知させて頂いておりました、第三回 「近江の地酒でもてなし条例」制定記念

「近江の新酒 きき酒会」

3月21日と言うことで皆様ご準備はできておりますでしょうか??

もちろん、明後日の話で予定も立てておられる事かと存じますが、そこをあえて変更してみたり。。。そうだ!新酒きき酒会に行こう!!となってみたり。
この冬に県内33蔵が大集合します。もちろんこの冬の仕込みで出来たフレッシュなお酒から、お蔵ごとの自慢のお酒の数々。
きっと楽しい会になると思いますので、皆様ぜひ足を運んで頂きますようお願い致します。

ん??タイトルには「九州…」と書いてあるぞ?とお思いの方。
f0342355_12253141.jpg

そうです。九州なんです。博多なんです!!待ってますよ!!
例年大好評の会らしく、年々規模が大きくなっているこのイベント。

「九州の豊かな風土が産んだ美味しい日本酒を醸造する選りすぐりの蔵元を一堂に集め、各蔵元やお酒の魅力を感じ、楽しんで頂ける”酒蔵びらき”を一か所で体験できるイベントとのこと!!」

第4回目にして、全国のゲスト蔵を招くということで、当蔵にもお声がかかりました。数ある酒蔵から選ばれたことは非常にうれしく思います。
ラインナップも充実。フードもあり、開運おみくじありと楽しめること間違いなしだと思います。

松の司のファンの皆さま、お待ちしております。そして、九州のお客様。はるばる滋賀より参ります。どうぞお手柔らかにお願い致します。3/21~3/24までの4日間開催で、当蔵は初日、二日目を担当しておりますので当日ブースでお待ちしております☆


詳しくはこちら→九州蔵びらき2019

ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

# by matsunotsukasa | 2019-03-19 18:03 | お知らせ | Comments(0)

生酒シリーズのご案内☆

お元気様です☆管理人Kです。

一月は行く。二月は逃げる。三月は去る。
と言うことで、早いもので二月も最終日となりました。

今回は限定生酒のご紹介。
年末より「しぼりたて 楽」「あらばしり」と続き、冬季限定、数量わずかな商品ばかりのご紹介です。

①「松の司 純米大吟醸 陶酔 生」

陶酔は当蔵の定番の純米大吟醸。通年で出荷させて頂いている商品のこの時期だけの「生酒」です。そして発売中の商品はH29BYの火入れ。生酒はH30BYとなっておりますので比べて飲んで頂くと面白いかと思います。H30BYの陶酔を先取りというわけですね☆

②「松の司 特別純米酒 生 (小仕込の会PB)」

こちらは小仕込みの会 PB商品となり限定流通の商品となってますので販売店が限られます。人気の商品で火入れの方もH29BYが欠品となり生酒が先に出荷され、現在はH30BY火入れも出荷スタートしております。ぜひ小仕込みの会会員店様の方へお問い合わせください。

③「松の司 純米大吟醸 竜王山田錦 生」

昨年より土壌別仕込として取り組ませて頂いている通称「ブルー」の生酒となっております。土壌限定ではないですが、以前までのブルーの商品同様、竜王町内で優良とされた山田錦を厳選し仕込に使用。ブルー生酒専用として仕込まれた商品です。

④「松の司 生酛純米生原酒」

こちらの商品は現在仕込の最中で春頃に発売予定となっております。本年の仕込みで4本。うち後半の仕込み分より生酒をとります。生酛仕込みはじっくりと時間をかけ酒母を育てて行きます。わが子のように毎日管理をしていた「酛や」さんの顔が浮かびます。どんなお酒になるのか今から楽しみな商品です。


生酒と言えば熟成させて頂くというのも手ですが、今だけのフレッシュさを感じて頂ける。そして、「火入れ」という工程を排したことでより酒本来の姿が出てくるのではないでしょうか。その分、変化も早くお酒の表情はドンドン変わっていきます。まさに今だけ。生モノはお早めに☆と、いったとこでしょうか。

見かけられましたら是非手に取って下さいませ。
お問い合わせはお近くの特約店様まで☆→特約店一覧☆
f0342355_14162140.jpg


最近、気温も高くなり春めいた日がチラホラ。梅が花を咲かせ春を一気に感じるようになってきましたね☆
四季があってよかった。おかげで酒が旨い☆         

管理人K。

ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

# by matsunotsukasa | 2019-02-28 14:44 | 商品情報 | Comments(0)

雑誌掲載のお知らせ「dancyu 3月号」

f0342355_17071634.jpeg

こんにちは、管理人Hです。

「日本の全酒蔵にアンケートを敢行!729蔵からわかった注目の蔵と酒。この一冊で、今の日本酒がわかります。」と、ここまで書かれたら買わないわけにはいかないdancyu 3月号に『AZOLLA50』が掲載されました。

もうご覧になった方もいらっしゃると思いますが、『注目の酒〜酵母無添加の生酛 12本〜』に取り上げられました。
「新時代の生酛を実感させる洗練された印象」「ずっと飲み続けられそう」などテイスターの皆さんの中でもダントツの人気だったということで喜ばしい限りです。

f0342355_17071117.jpeg

現在出荷中の『AZOLLA50』は昨年(H29BY)のもので約1年の熟成を経ています。
生酛の特徴からか熟成による老香(ひねか)や古酒感も無く、生酛らしい柔らかな香り、口に含むとスーッと軽やかに瑞々しくでも味わい深く大変キレイな酒に仕上がっています。

皆さんも是非ぜひご賞味下さいませ。


ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

# by matsunotsukasa | 2019-02-21 17:10 | お知らせ | Comments(0)

第3回 近江の新酒 きき酒会 開催・出店のお知らせ

f0342355_15013671.jpg
3月21日(木・祝)春分の日に

第3回 近江の新酒 きき酒会
「近江の地酒でもてなし条例」制定記念

が開催されます。


県内33蔵が集結!
選りすぐりの「新酒」を中心に試飲・きき比べができます。
また、仕込み水の飲み比べや即売も企画されており、近江の地酒を盛り上げていく内容となっています。


イベント詳細は滋賀県酒造組合のサイトをご覧ください。
https://shiga-jizake.net/festa/



「松の司」出品予定リスト
・純大 黒
・純大 陶酔
・純大 AZOLLA50
・純大 竜王山田錦(橋本・山之上の土壌違い2種)
・純吟 あらばしり
・純吟 楽
・きもと純米酒

の計8種の出品予定となっております。
黒とAZOLLA50以外は新酒となります。 


皆さまお誘いあわせの上多数のご来場をお待ち申し上げます。



ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
更新を通知する


# by matsunotsukasa | 2019-02-07 16:21 | お知らせ | Comments(0)