人気ブログランキング |

松の司 蔵元ブログ

『松の司のきき酒部屋 Vol.2』

サケ・ディプロマ(J.S.A.SAKE DIPLOMA)取得の2人の蔵人が松の司のいろいろな商品をきき酒し、その感想をお届けします。




2回目は『松の司 純米酒』と『松の司 特別純米酒』のきき比べです。松の司ラインナップの中には3種類の純米酒がありますが、もっともスタンダードな黄色いラベルの『純米酒』、そして「松の司 小仕込の会」限定商品である緑のラベルの『特別純米酒』、それぞれの個性を掘り下げたいと思います。


『松の司のきき酒部屋 Vol.2』_f0342355_16502776.jpeg


それでは『純米酒』からきき酒スタート。精米歩合65%の国産米(酒米、食用米含む)を使用し、熊本酵母主体の商品です。まずは香りから...。



雄作(以下Y)「そんなイソ(=酢酸イソアミル、吟醸香の一つ)が立つ感じは無いですかねぇ。おだやか。」


圭太(以下K)「うん。落ち着いた香り。」


Y「それこそ米の香りって表現されるような。」


K「蒸した米の雰囲気か。上品な白玉とか。でも広がるっていうよりは硬い感じするなぁ、青竹とか。」


Y「そうですか、僕はミルキーっぽい感じがする。」


『松の司のきき酒部屋 Vol.2』_f0342355_16513412.jpeg


それぞれに少し違った香りの印象を持ったようですが、味わいについてはどうでしょう...。



Y「口に含むと割と締まった感じしますね。おだやかな香りの印象に比べて少し硬い。熟成向きなのかも。」


K「もうちょっと温度上げて飲んでみたいかな。」


Y「ガチっとボディ感もありますしね。」


K「余韻の長さがあって良いかな。」


『松の司のきき酒部屋 Vol.2』_f0342355_16511738.jpeg


Y「味のふくらみがあるし純米酒のカテゴリーらしい。」


K「うん。ちゃんと純米酒としての役割をしてる。」


Y「口に入れてから味が途中で途切れずに、ずっと丸く続く感じですね。」



『松の司のきき酒部屋 Vol.2』_f0342355_16514851.jpeg
『松の司のきき酒部屋 Vol.2』_f0342355_17020802.jpeg

ここで『特別純米酒』もきいてもらいましょう。こちらは精米歩合60%の国産米(酒米100%)を使用し、熊本酵母主体で仕込んでいます。同じく香りから...。



Y「こっちの方が爽やかですね。9号(=きょうかい9号酵母、熊本酵母)っぽい瓜みたいな雰囲気がありますね。」


K「うん。スカッと香りが立ってる感じがする。」


Y「純吟とかあっち系の香りですよね。吟醸香的な、でもミルキーなところもある。」


K「これはやっぱり米のニュアンスなんかなぁ。」


Y「純米の香りにプラスしてイソを感じるような。」


K「さっきの『純米酒』とはっきり違いが出てるね。」


『松の司のきき酒部屋 Vol.2』_f0342355_17032066.jpeg

同じ純米酒でもはっきりとした香りの違いがあるようですね。では味わいについては...。


K「まとまりがあるね。」


Y「味に膨らみがあって、こっちの方が酸がある。」


K「うん。こっちの方が味全体に抑揚があるな。」


Y「キレもあってキレイですよね。」


K「やっぱり酸かぁー。」


Y「酸がすごく特徴的かもしれないですね。それに負けへん味の構成と。冷やして飲むなら『特純(=特別純米酒)』ですね。『純米』の方は冷やすと硬く味が閉じ過ぎるような気がするから。米を削ってる差かも。」


K5%(精米歩合)の差ですか。意識してきくと特にそう感じるよ。」


『松の司のきき酒部屋 Vol.2』_f0342355_17051021.jpeg

Y「僕の好みとしては酸が立つ『特純』ですかね。」


K「入りの甘い印象から酸が立つから、こう、抑揚がつく。」


Y「燗にするなら『純米』って感じかな。でも『特純』も燗が合わへんこともないんですが。」


K2つ同時に燗で出てきたら『純米』選ぶかもなぁ。『純米』は少しドライで張りがあって太い感じするからなぁ。」


『松の司のきき酒部屋 Vol.2』_f0342355_17074509.jpeg

料理との相性はいかがでしょう...。



Y「どっちもコレは合うけどコレは合わへんてのは無いからー、ワンプレートで色々出てくるやつとか良いですかね。」


K「八寸とかね。酒と料理との温度が合ってるとなお良しかなぁ。僕のイメージでは刺身から煮物までいける。味がまとまってるし何かが突出せずに広く合わせられる。」


『松の司のきき酒部屋 Vol.2』_f0342355_17045689.jpeg


飲み頃温度としたら、ちょっと温めたい『純米酒』と冷やして良い『特別純米酒』といったところですかね?春先にぬる燗でやわやわ『純米』、夏頃には冷やして『特純』?



K「順番としてはそんな感じ。純米酒らしい『純米』と純吟的なイメージの『特純』。」


Y「ミルキーなんは『純米』、酸が特徴の『特純』。」



まったり系の『純米酒』、さっぱり系の『特別純米酒』ってことですね。



Y「うん。そのくらい個性が出てる。醤油で甘辛く焚くなら『純米』で木の芽とか山菜のスパイス感には『特純」が。あと昆布締めしたら『純米』、白身のまんまなら『特純』みたいな。」


K「そうそう。味付けベースで。」


Y「ピンポイントでどの食材っていうより料理の仕方で合わせる方が良いかも。」



『純米酒』『特別純米酒』それぞれの個性が浮き彫りになって来たところで今回はお開き。家飲みするのに持って来いのお手頃価格ですので、みなさんも是非飲み比べて楽しんでみてください。次回は松の司レギュラーラインナップで2つだけの生酒、『松の司 純米吟醸あらばしり』と『松の司 純米吟醸しぼりたて楽』を比べてみます。お楽しみに。


『松の司のきき酒部屋 Vol.2』_f0342355_17053986.jpeg


商品情報:

『松の司 純米酒』

1.8L オープン価格(希望小売価格 2,350円税別)

720ml オープン価格(希望小売価格 1,150円税別)

ご購入はこちらから:特約販売店一覧


『松の司 特別純米酒』

1.8L オープン価格(希望小売価格 2,500円税別)

720ml オープン価格(希望小売価格 1,200円税別)

ご購入はこちらから:松の司 小仕込の会



蔵人の紹介:

■松瀬 圭太/37歳、蔵人歴12年、2019年 J.S.A. SAKE DIPLOMA取得

■築山 雄作/33歳、蔵人歴7年、2018年 J.S.A. SAKE DIPLOMA取得




ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

# by matsunotsukasa | 2020-04-17 17:42 | 松の司のきき酒部屋 | Comments(0)

『松の司のきき酒部屋 Vol.1』

サケ・ディプロマ(J.S.A. SAKE DIPLOMA)取得の2人の蔵人が松の司のいろいろな商品をきき酒し、その感想をお届けします。



記念すべき第1回目の商品は『松の司 産土(うぶすな)』。松の司の中でもっともリーズナブルな地元のお祭りなどでも多く使われるお酒です。

『松の司のきき酒部屋 Vol.1』_f0342355_16273953.jpg

それではさっそくきき酒をスタートしてもらいましょう。まずは香りから。


雄作(以下Y)「上立ちは熟成からくるカラメル香、ドライフルーツ系の香りですね。」

圭太(以下K)「そうやな、菩提樹とか。」

Y「あとはナッツとか。」

K「うん。ミルキーさもあるね。」

Y「生酒からくるミルキーさかも。」

K「総じてバランスの取れた熟成香やな。」


『産土』は精米歩合65%の国産米(酒米、食用米含む)を使用した純米造りの普通酒です。新酒の生酒と熟成を経た火入れ酒を酒質やその時々の熟成具合に応じてブレンドし、必要に応じてろ過することで香味を整えてから火入れ、ボトリングしています。

『松の司のきき酒部屋 Vol.1』_f0342355_16274869.jpeg

つづいて味わいについて...。


K「全体にまとまりがあってろ過がきれいにかかってる気がする。」

Y「味の方も熟成からくるカラメル、ドライフルーツとか熟した甘さ。それが適度なろ過で前に出過ぎずきれいにまとまってる感じですね。ほどよく酸もあるかな。」

K「まさに食中酒って感じがするね。」

Y「若さと熟成が良い加減でバランスしてる。」

K「色合いも含めてクリアさがあるね。それこそ燗からひやまでいける。じゃあこれで何食う?」

Y「和食やったら...刺身なら白身じゃなくてマグロのヅケとか。あと貝類とか。全体的にアミノ酸ある系。」

K「そやな。あっさりしてるより味がグッと入ってる方が良いな。俺はやっぱり煮物かな。おでんとか。」

Y「あぁー燗におでん良いですねー。」

『松の司のきき酒部屋 Vol.1』_f0342355_16274423.jpeg

飲み頃の温度帯はいかがでしょう...。


Y「僕はとびきり燗して燗冷ましとかも良いかも。」

K「常温でコップ酒っていうのも。」

Y「スルメとか?」

K「そうそう雑多に飲む感じも良い。」

Y「熟成してる生ハムとかも良いんじゃないかな。カツオ節みたいな感じでアミノ酸あってベジョータみたいな旨味の強いやつ。それにぬる燗。」

K「酢豚...。」

Y「黒酢の酢豚とかなら燗じゃなくて冷酒で合うかも。」

K「この酒の適度な酸が合いそうやんね。」


食べ物との飲み合わせをしゃべりだすと話が尽きませんが、今回はこのくらいで。幅広い温度帯で料理と楽しめるコストパフォーマンスの高い『産土』をみなさんも是非お試しください。次回は『松の司 純米酒』と『松の司 特別純米酒』をきき比べてみたいと思います。お楽しみに。


商品情報:
『松の司 産土』
1.8L オープン価格(希望小売価格 1,950円税別)
ご購入はこちらから:特約販売店一覧

蔵人の紹介:
■松瀬 圭太/37歳、蔵人歴12年目、2019年 J.S.A SAKE DIPLOMA取得
■築山 雄作33歳、蔵人歴7年目、2018年 J.S.A SAKE DIPLOMA取得



ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いいたします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

# by matsunotsukasa | 2020-04-13 17:43 | 松の司のきき酒部屋 | Comments(0)

少し明るい話題を…☆

こんにちは。

皆様お元気でしょうか?
先日、緊急事態宣言が発令されました。もういよいよ自分の身を守る為、大事な人を守る為の行動が要求されます。
「~しなさい。」や「~は禁止」など人に言われて制限するのではなく、自らが考え行動する事が大事だと思います。
今求められているのは、しっかりと真剣に考える事、しっかりと自ら示して行くこと。そして、その先の事を考える事。
終息してもなお経済危機は続くと言われています。そこへ向けての準備が必要となります。少しでも前向きに健全にその時を迎える為に…。

タイトルにあるように少し明るい話題☆
去る2月。弊社に地元の中学1年生の生徒さんが来てくれました。
「地域・未来創造学習」と位置づけされ地域の魅力や課題に将来にわたって関わっていく契機とされているそうで、とても良い学習プログラムではないかと思います。
当日は10数名で来てくれて、それはもう可愛らしい子たちばかりです。興味深く何でも聞いてきてくれるし、素直にメモを取る姿が眩しかったですね。

その子たちが地域・未来学習新聞として書いてくれてその一部を見せて頂く事が出来ました。中学一年生の子達、もちろん「あれ?これはチガウよ?」などありながらも、しっかりと松の司は地元竜王との密接していることを認識してくれていたり、無農薬の山田錦を使ったお酒。などもご紹介くださいました☆
少し明るい話題を…☆_f0342355_13242923.jpg

中には、山田錦の栽培土壌についてのクイズまで↓
粘土質ならどんな山田錦が育ちますか??
少し明るい話題を…☆_f0342355_13242604.jpg

将来この竜王町を背負って立つであろう、竜王町の子供たちの成長の一助になれている事が誇らしく思えます。今は分からない事だらけでも、大きくなった時に「あの時酒屋のおじさん、そういやこんな事言うとったなぁ」など、一献のお伽になれればよし。そう思わずにはいられませんね。
彼ら彼女達が育ち、自分の地元が誇れるように竜王町の誇りであり続け、良酒を醸すことで竜王の自慢となれるよう精進して参る次第ですね。

随分先のお話☆10年後、20年後の事を考えて行動する事、これはこれで前向きな事ですね☆これからの主役の為に出来る事。考えて行きたいですね☆

いやいや、おじさんもまだまだ負けませんよ!!これからですからぁ~!! 
管理人 K

ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

# by matsunotsukasa | 2020-04-09 14:18 | 日記 | Comments(0)

あまから手帖 掲載情報☆

お元気様です☆管理人Kです。

なかなか寒くならないなぁ…なんて考えていますと1月も終わりそうで、日本酒のシーンには造るにも飲むにももう少し冬らしさが欲しい所ですね。

さて今回はタイトル通り掲載情報です☆
あまから手帖という、関西の月間グルメ雑誌に掲載頂きました☆

あまから手帖 掲載情報☆_f0342355_14595034.jpg

~「土壌別仕込」という酒~


以前からの商品で「松の司 竜王山田錦」通称ブルーと言う商品をさらに進化させた商品。ご存知の方もおられるかもしれませんが、3年前より取り組んでいる土壌別仕込シリーズを大きく取り上げて頂きました。
あまから手帖 掲載情報☆_f0342355_14595206.jpg

これは蔵元の地元竜王町に対する想いと原料米の品質に対する想い、長年タッグを組んできた栽培者である地元契約農家様のご尽力、そして石田杜氏が竜王町産山田錦の品質の良さに大きな可能性があるといち早く気付きそれを活かした事。三位一体となることによってこの土壌別仕込が生み出されました。

各土壌についての優劣を出すものではなく各地区の味を出す事。それにより適材適所で、何とどう飲むかという個性の違いが生まれる…。
あぁぁ…これ以上書き進めて行くと、あまから手帖様の記事ほぼ書いてしまいそうです。。
それほどこちらの想いをしっかりと記事と写真にして記載して頂いております。

またこの土壌別シリーズを飲み比べして頂けるお店として、滋賀県は「ひさご寿し」様。大阪は「酒愉菜彩 瑳こう 」様がご紹介して下さっています☆
どちらのお店ものすばらしく、料理と松の司の相性を考えてくださるお店で、なおかつ松の司を愛して下さるお店です。
品薄な中、並べて飲んで頂けるお店もそう多くないと思います。ぜひチェックしてみてください。

この土壌別仕込シリーズ。どこかでお出会いになって飲んで頂いた際には、味わいの奥にある「竜王町」という土地に想いを馳せ飲んで頂くとなお嬉しく思います。

土壌別仕込の購入に関しましては、弊社特約販売店様 へお問い合わせくださいませ。
それでは、皆さん書店へゴー!!そして手に取ってぜひ一読お願い致します☆


ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

# by matsunotsukasa | 2020-01-29 16:49 | お知らせ | Comments(0)

しぼりたて楽とおでん。

お元気様です。
管理人Kです☆ 私としては随分久しぶりの投稿となりますね。

気が付けば年末、造り酒屋としましては日本酒の繁忙期と仕込の時期(寒造り)が重なる為。世の酒蔵様は大忙し。
とてもありがたいことです。そんな中、すこーしラフな投稿を☆
しぼりたて楽とおでん。_f0342355_16090817.jpg

 昨日仕事終わりに「しぼりたて楽」を買って帰ると、(社内での利き酒以外で呑むことも大事!)晩御飯はなんと「おでん」。テンションが上がりました。特別な具材などはなくスタンダードなおでん。そこに「しぼりたて楽」。

今年のしぼりたて楽の印象は…
流速が遅いのに軽い、口の中で緊張と緩和が混在する。
香りは至ってシンプルでフレッシュさを感じる果実香。口に含んだ入りは軽く、舌の上を滑るように入ってきます。やや甘い酸を感じることでポップな印象に。しかしその後、口の奥に広がる味わいはじっくりとゆっくりとクリアな米の甘味が広がり旨味となって感じる。その分、余韻は長くゆっくりとキレて行きます。

60%精米と、関西で言う「ちょうど、えぇ(良い)」精米歩合。磨き過ぎず、残し過ぎず。。飾らず、ラフに呑める感覚はやはり名前の通り「楽」である。
これを落とし所とする杜氏の腕がすごいのか、その名がそうさすのか…。是非、飲んで頂きたい一品である☆

いろいろな食材が入っているおでんと飲むと、なおさら万能さを感じ、ついつい飲み過ぎて…。
なんて言いますか、「こたつに入ってアイスクリーム」的な感じで、熱つ熱つおでんと、冷やした新酒生酒!!この贅沢。
旬なものを旬な時に楽しまずして、いつ楽しむ。そう聞こえてきてさらに盃を進めるのでした。

昨今いろんな料理とペアリング。これもすごく楽しいですし奥が深い!日本酒の幅がかなり広がります。でもたまにはラフに飲むお酒も良いですよね。
しぼりたて楽とおでん。_f0342355_16130207.jpg

(もう飲んだらダメ!の合図でした。。)     


激務の中のホッとしたひと時でした☆
さぁ週明けていよいよ年末!!皆様も師走で何かとお忙しいかと思いますが、体調にはお気を付けて今が旬な日本酒を楽しみましょう☆
では、また!!



ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

# by matsunotsukasa | 2019-12-22 16:07 | 日記 | Comments(0)