松の司 蔵元ブログ

タグ:#しぼりたて楽 ( 2 ) タグの人気記事

新酒しぼりたて楽。発売開始☆

こんにちは☆管理人kです。

先日ご案内いたしました「松の司 純米にごり」飲んで頂けましたでしょうか?
地元弓削産のみずかがみのみを使用した純米にごり、今のところ大変ご好評いただいております☆

さて今回はにごり酒の次は「しぼりたて楽」のご紹介!

当蔵は例年、新酒シリーズで「にごり」「しぼりたて楽」「あらばしり」と、生酒シリーズを限定発売しております。今年もその流れなのですが
毎年同じでも、毎年違う…。ちょっとややこしいですよね?でも、日本酒は当蔵はそうなんです。これもBY(Brewery year)醸造年度での表記を行って
います。これにより今年収穫されたお米を初めて使用するわけですから、同じ品種のお米でもその年の気候が違えばお米の生育もやはり変わってきます。
と、なると昨年のしぼりたて楽とはまた違う味わいのお酒になりますね。と、これは昨年も同じ事を書いたような…(笑)

今年のしぼりたて楽ですが…(やっと味わいの話。。)
昨日瓶詰を行って、12/7より店頭発売となりますので、お近くの特約販売店様へ お問い合わせくださいませ☆

味わいとしましては、まさに「楽」にふさわしいジューシーさと果実味。味の幅がありながら芯にはしっかりと甘みの柱が立っています。
少しの酸味が新酒のフレッシュさを感じさせます☆そのすべての味のバランスをまとめ上げているのが、先ほど柱になっていると表現したお米からくる甘み。
一見甘みとなると、ボワッ~っと少し重いイメージをしてしまいますが、全体の味わの中にシュッと澄み切った軽快な甘み。軽快がゆえに口に含んだ瞬間は「あれ?辛口かな?」と思ってしまいますが、じっくりとお酒を利いてみるとそこにはしっかりと、味をまとめ上げている「甘み」がそこにはあります。
これをぜひ感じて頂きたい。甘みを感じるお酒は数あるけれど、こんなにきれいな甘みを出せるのはなかなかないように思います。
f0342355_18011822.jpg

ぜひ、お試しください☆きっとこの後に出荷される「あらばしり」への期待がグッとあがる事、間違いないと思いますよ。もちろん私はもうすでに利き酒させて頂きましたよ☆しぼりたて楽との差。どちらもしっかりと個性がありそれでいて「松の司」の核の部分はピタリと一致します。これがまた…。っと、長くなりすぎますね。あらばしりはまた次回にでも。ここまで書いていくと、改めて自分のところのお酒がやっぱり好きだと感じてしまいますね。第一線の松の司ファンだと自負致しました。ww

長々と書きましたが、冬に入り鍋が美味しい季節。と、同様に新酒が楽しめる季節を純粋に楽しんで頂ければありがたいかと思いますので、ぜひ手に取ってみてください☆どうぞよろしくお願い致します☆

管理人K。

ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

[PR]
by matsunotsukasa | 2018-12-06 18:01 | 商品情報 | Comments(0)

しぼりたてましたよ☆


お元気様です☆管理人Kです☆。
いよいよ世間では新酒やしぼりたてなどの報告が聞かれますが、当蔵も上槽(搾り)していますよ。

今朝も冷え込みが増し、お湯を使う際の湯気が幻想的な朝。
本日。瓶詰をしました事をご報告します。
f0342355_22500439.jpeg


当蔵では例年、「にごり酒」に始まり、「しぼりたて楽」。そして「あらばしり」と新酒シリーズが年末に向け発売されます。
毎年同じ流れ。この一連は毎年変わりません。
ただ、味わいに関しましては毎年変わっております。常に進化し続けるそんなスタンスは崩しません。

ラベルは一緒。でも、中味は昨年より進化した「しぼりたて楽」これに限らず、H29BYの松の司は昨年より
一歩先へ。
昨年飲んで頂いた方は是非今年も飲んで頂きたい。この一歩を感じてもらえれば。これ幸です☆

味わいとしましては。。

溢れる果実味。吟醸香を越えた果実味。ジューシーな果実をかじった瞬間の充実感を感じ、引き込んだ瞬間の丸みは昨年にはない印象。上品かつ味わいがありながらキレイ。そして、新酒独特の粗々しさを合わせ持つ。一口にいろんな楽しみが含まれるワクワクするような味です。それでいて落ち着く、どこかホッとできる味わい。是非、そんな事を考えながら味わって頂きたい一品です。

f0342355_22494172.jpeg

そんなことで、本日しぼりたて楽の瓶詰めをしました。
f0342355_17005241.jpg
皆さまのお目にかかるのはもう少し掛かるかもしれませんが、12月二週目には特約店様には並ぶかと思います。お問い合わせくださいませ☆→特約店☆

仕込みの方も大吟醸の仕込みに入ってきております。上槽(搾り)も始まり蔵の一連の流れも一巡し大吟醸に集中していく。また今年も冬のピリッとした空気を感じつつ、蔵の中がどんどん研ぎ澄まされ厳粛な空気が良き酒を醸していきます。笑い声の絶えない「和醸良酒」の元。当蔵は今年もまた一歩前進していきます☆

管理人K


ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

[PR]
by matsunotsukasa | 2017-12-02 22:49 | Comments(0)