松の司 蔵元ブログ

タグ:#松の司 ( 51 ) タグの人気記事

生酒シリーズのご案内☆

お元気様です☆管理人Kです。

一月は行く。二月は逃げる。三月は去る。
と言うことで、早いもので二月も最終日となりました。

今回は限定生酒のご紹介。
年末より「しぼりたて 楽」「あらばしり」と続き、冬季限定、数量わずかな商品ばかりのご紹介です。

①「松の司 純米大吟醸 陶酔 生」

陶酔は当蔵の定番の純米大吟醸。通年で出荷させて頂いている商品のこの時期だけの「生酒」です。そして発売中の商品はH29BYの火入れ。生酒はH30BYとなっておりますので比べて飲んで頂くと面白いかと思います。H30BYの陶酔を先取りというわけですね☆

②「松の司 特別純米酒 生 (小仕込の会PB)」

こちらは小仕込みの会 PB商品となり限定流通の商品となってますので販売店が限られます。人気の商品で火入れの方もH29BYが欠品となり生酒が先に出荷され、現在はH30BY火入れも出荷スタートしております。ぜひ小仕込みの会会員店様の方へお問い合わせください。

③「松の司 純米大吟醸 竜王山田錦 生」

昨年より土壌別仕込として取り組ませて頂いている通称「ブルー」の生酒となっております。土壌限定ではないですが、以前までのブルーの商品同様、竜王町内で優良とされた山田錦を厳選し仕込に使用。ブルー生酒専用として仕込まれた商品です。

④「松の司 生酛純米生原酒」

こちらの商品は現在仕込の最中で春頃に発売予定となっております。本年の仕込みで4本。うち後半の仕込み分より生酒をとります。生酛仕込みはじっくりと時間をかけ酒母を育てて行きます。わが子のように毎日管理をしていた「酛や」さんの顔が浮かびます。どんなお酒になるのか今から楽しみな商品です。


生酒と言えば熟成させて頂くというのも手ですが、今だけのフレッシュさを感じて頂ける。そして、「火入れ」という工程を排したことでより酒本来の姿が出てくるのではないでしょうか。その分、変化も早くお酒の表情はドンドン変わっていきます。まさに今だけ。生モノはお早めに☆と、いったとこでしょうか。

見かけられましたら是非手に取って下さいませ。
お問い合わせはお近くの特約店様まで☆→特約店一覧☆
f0342355_14162140.jpg


最近、気温も高くなり春めいた日がチラホラ。梅が花を咲かせ春を一気に感じるようになってきましたね☆
四季があってよかった。おかげで酒が旨い☆         

管理人K。

ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

by matsunotsukasa | 2019-02-28 14:44 | 商品情報 | Comments(0)

第3回 近江の新酒 きき酒会 開催・出店のお知らせ

f0342355_15013671.jpg
3月21日(木・祝)春分の日に

第3回 近江の新酒 きき酒会
「近江の地酒でもてなし条例」制定記念

が開催されます。


県内33蔵が集結!
選りすぐりの「新酒」を中心に試飲・きき比べができます。
また、仕込み水の飲み比べや即売も企画されており、近江の地酒を盛り上げていく内容となっています。


イベント詳細は滋賀県酒造組合のサイトをご覧ください。
https://shiga-jizake.net/festa/



「松の司」出品予定リスト
・純大 黒
・純大 陶酔
・純大 AZOLLA50
・純大 竜王山田錦(橋本・山之上の土壌違い2種)
・純吟 あらばしり
・純吟 楽
・きもと純米酒

の計8種の出品予定となっております。
黒とAZOLLA50以外は新酒となります。 


皆さまお誘いあわせの上多数のご来場をお待ち申し上げます。



ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
更新を通知する


by matsunotsukasa | 2019-02-07 16:21 | お知らせ | Comments(0)

BBCで放送されました!

英国じゃないよ滋賀県だよ!

と公式ツイッターでも自虐的につぶやいておられますが
我々滋賀県民の貴重な情報源「びわこ放送」略称BBCの取材を受け先日放送いただきました動画がYouTubeにて公開されております。

タイトル:
あってくれてありがとうと言いたい滋賀のちいさな企業応援プロジェクト
松瀬酒造株式会社(竜王町)編

こちらからご覧になれます。
https://www.youtube.com/watch?v=wSAUfcpSB9Q

是非一度ご高覧ください。



ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

更新を通知する


by matsunotsukasa | 2019-02-07 14:20 | お知らせ | Comments(0)

年末のご挨拶☆

お元気様です。管理人Kです。

年末のご挨拶と言うことで。

造りが始まりアッという間に年末となりました。
今年はなんと言っても受賞ラッシュな年だった事が、当蔵としてとても喜ばしいことでありました。
全国新酒鑑評会二年連続や、大阪国税局2部門受賞、滋賀県地酒の祭典知事賞、びわこ賞受賞、関西酒質向上委員会W受賞。等、多数のコンテスト受賞させて頂きました。
しかしこれらの賞を獲れるから、売れる酒や人気のあるお酒。とは限らないのが日本酒です。
あくまで全国新酒鑑評会などは金賞を受賞できる技術を磨くわけで、売れる酒を造っているわけではないのです。ただ、その技術力とは、自分たち(蔵)が理想とする日本酒に近づけることができる技術があると言うことが、表彰されたとてもうれしい賞なのです。より理想に近づける技術を磨く、そして蔵の想いがお客様により明確な形で伝えることができる。そんな意味がある賞だと思っております。
また、滋賀県の知事賞などはお客様より直に選んで頂いた一本と言うことで、これも大変光栄でした。そして、関西酒質向上委員会。こちらは酒販店様部門、蔵元様部門でW受賞と技術的にも商材的にも選ばれたような気がしてとてもうれしい賞でしたね。

しかしこれらはあくまでコンテストであって獲れたから良しではありません。結果の一つとして受け止めて自信に繋げ、今後も「日本酒の本質とは何かを常に考え”美味しい以上に大事なこと”を求めて行きたい 」ですね。

嬉しいことばかりではなく、今年は仕込前より酒米が天候不順などの影響などがあり収量が落ちたりと、今期の製造数量に影響がでてしまう可能性があります。。これらのことを思い返すと一年がアッという間のことですね。
松の司の仕込の方は三分の一が終わったところぐらいでしょうか。まだまだ仕込は続きますが来年もよい年になるように、良き酒を仕込、皆様にお届けできますよう精進して参ります。

本年も大変お世話になりました。来年もまた一つ、どうぞ「松の司」をよろしくお願い致します☆
f0342355_16085949.jpg
蔵の入り口には管理人Hが活けて帰った正月仕様の飾りが、グッとお正月の雰囲気をだしてくれています☆

このブログ更新で仕事納めとさせて頂きます☆皆さま良いお年を。管理人K


ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

by matsunotsukasa | 2018-12-31 16:15 | 日記 | Comments(0)

新酒 あらばしり 発売しております。。

お元気様です☆管理人Kです。

しぼりたて楽の出荷から早2週間。あらばしりの出荷が始まりました☆

しぼりたて楽の告知の時は「あらばしりへの期待値が上がります」と公言させて頂きましたが。。。
その真意たるや、なんと言っても飲んで頂くと一番分かりやすいのでぜひ店頭で手に取って見てください!
しぼりたて楽を飲まれた方は、特に飲んで頂きたい。

日本酒はお米を磨きます。なぜ磨くか?
その真意が味わいとして出ているように感じます。楽の時はバランス。甘みを軸にお米から出てくる味わいをまとめあげた…。
名の通り「楽しめる…」そんな仕上がりでした。
この「あらばしり」。甘みの軸がより鮮明に出てきます。引き込んだ一口目、ダイレクトにそれを感じることができます。
しぼりたて楽よりお米を磨いている分、より軽快になり柔らかな甘み。穏やかな広がりを感じながらその軽快な甘みはスッとキレます。とてもやさしい味わいに思います。お米の味をより鮮明に感じてもらえるそんな商品になっています。飾らない、純粋なお米の甘み。舌の上で沁み込んで行くような錯覚すら覚えます。
「甘い」や「柔らか」などと表現しましたが、決して甘口の酒と感じさせないのが魅力。軽快さゆえに甘みを感じてもしつこくない。この魅力。。どう伝えるか…。飲んでい頂くしかありません。。
f0342355_17510857.jpg

ぜひお問い合わせください☆
販売に関するお問い合わせは…いつものようにこちら→松の司 特約販売店様
f0342355_17551552.jpg
辛口、甘口、旨口…様々な言いようがありますが、最近の日本酒の味の傾向などを見たり利いたりしていますと、もはやその括りでは表現出来ないようになってきていますよね。もっと何か違う表現の仕方があるように思います。ある小売り店様は「リッチ」や「モダン」、「クラッシック」など様々な、表現されている本を出されていますそこには料理との相性などと一緒にご紹介して下さっていたりと、楽しみ方の幅が広がっています。
いろいろな種類がある昨今ですが、時代が変われど人に良いもの心地よいものは変わらない。そこに落ち着くべく酒に近づいているように思います。
管理人K。


ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

by matsunotsukasa | 2018-12-22 18:05 | 商品情報 | Comments(0)

新酒しぼりたて楽。発売開始☆

こんにちは☆管理人kです。

先日ご案内いたしました「松の司 純米にごり」飲んで頂けましたでしょうか?
地元弓削産のみずかがみのみを使用した純米にごり、今のところ大変ご好評いただいております☆

さて今回はにごり酒の次は「しぼりたて楽」のご紹介!

当蔵は例年、新酒シリーズで「にごり」「しぼりたて楽」「あらばしり」と、生酒シリーズを限定発売しております。今年もその流れなのですが
毎年同じでも、毎年違う…。ちょっとややこしいですよね?でも、日本酒は当蔵はそうなんです。これもBY(Brewery year)醸造年度での表記を行って
います。これにより今年収穫されたお米を初めて使用するわけですから、同じ品種のお米でもその年の気候が違えばお米の生育もやはり変わってきます。
と、なると昨年のしぼりたて楽とはまた違う味わいのお酒になりますね。と、これは昨年も同じ事を書いたような…(笑)

今年のしぼりたて楽ですが…(やっと味わいの話。。)
昨日瓶詰を行って、12/7より店頭発売となりますので、お近くの特約販売店様へ お問い合わせくださいませ☆

味わいとしましては、まさに「楽」にふさわしいジューシーさと果実味。味の幅がありながら芯にはしっかりと甘みの柱が立っています。
少しの酸味が新酒のフレッシュさを感じさせます☆そのすべての味のバランスをまとめ上げているのが、先ほど柱になっていると表現したお米からくる甘み。
一見甘みとなると、ボワッ~っと少し重いイメージをしてしまいますが、全体の味わの中にシュッと澄み切った軽快な甘み。軽快がゆえに口に含んだ瞬間は「あれ?辛口かな?」と思ってしまいますが、じっくりとお酒を利いてみるとそこにはしっかりと、味をまとめ上げている「甘み」がそこにはあります。
これをぜひ感じて頂きたい。甘みを感じるお酒は数あるけれど、こんなにきれいな甘みを出せるのはなかなかないように思います。
f0342355_18011822.jpg

ぜひ、お試しください☆きっとこの後に出荷される「あらばしり」への期待がグッとあがる事、間違いないと思いますよ。もちろん私はもうすでに利き酒させて頂きましたよ☆しぼりたて楽との差。どちらもしっかりと個性がありそれでいて「松の司」の核の部分はピタリと一致します。これがまた…。っと、長くなりすぎますね。あらばしりはまた次回にでも。ここまで書いていくと、改めて自分のところのお酒がやっぱり好きだと感じてしまいますね。第一線の松の司ファンだと自負致しました。ww

長々と書きましたが、冬に入り鍋が美味しい季節。と、同様に新酒が楽しめる季節を純粋に楽しんで頂ければありがたいかと思いますので、ぜひ手に取ってみてください☆どうぞよろしくお願い致します☆

管理人K。

ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

by matsunotsukasa | 2018-12-06 18:01 | 商品情報 | Comments(0)

「純米にごり酒」鋭意出荷準備中!!

各方面からたくさんお問い合わせをいただいております今年の「にごり酒」

11/26(月)蔵出し出荷開始となり11/27(火)ごろから順次店頭に並びかけることになります。
今しばらくお待ちください。

f0342355_15011511.jpg
まるで牛乳のようですがお酒です。

酒青瓶に乳白色のにごり酒が充填されていきます。
去年までは緑瓶を使用していましたが、スペック変更に伴いラベルを含めデザイン一新
フルモデルチェンジを経て皆様には初のお目見えとなります。

f0342355_15043449.jpg
何がどう変わったのか?

原料米に地元弓削の農事組合「ファーム弓つくりの郷」の皆様が丹精込めて育てていただいた「弓削産 みずかがみ」を100%使用。

特定名称の付いた 松の司「純米にごり酒」 という名称になります。

弓削の地下120Mからくみ上げた仕込み水で、

そして弓削にて創業158年目当蔵にてじっくりと仕込みました。

「純米大吟醸 竜王山田錦」土壌別仕込シリーズに続く「テロワール」
その土地の素材にこだわりその土地でしか出せない味わいを追求した、まさに究極の「The 弓削」となります。

さわやかな香りと上品なのど越しの中にフレッシュな発泡が盃を進めます。
竜王町弓削の地に思いをはせながらお楽しみください。

希望小売価格:2,350円(税別)
1.8Lのみの販売となります。

この商品は発泡性がありますので温かいところに長時間放置しますと瓶内の圧が上がり中身が噴き出る場合がありますのでご注意ください。
また、ガス抜きの付いた栓を使用していますので瓶を傾けると中身がこぼれる場合がありますのでご注意ください。

この商品はこれらの注意点があるので地方発送には向きません。
そのため地元のみの販売となります。
ご了承ください。

お求めは松の司小仕込の会会員店までお願いいたします。
         ↑クリックしていただくと松の司特約店一覧にジャンプします。




ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村





by matsunotsukasa | 2018-11-23 16:24 | Comments(0)

第五回「松の司を楽しむ会」in ひさご寿司 御礼!

お酒の会の開催報告です。

先の11月4日、たくさんのお客様が近江八幡の名店「ひさご寿司」様に集いました。
「近江商人ハレの日 滋賀料理」と銘打ったオリジナル料理と松の司のマリアージュが行われました。
f0342355_07342007.jpg

ひさご寿司の料理長 川西豪志さん渾身の歴史に紐付した独創的なお料理が次々と運ばれ、一つ一つにお酒をマッチング。繊細な料理にストーリーが組み込まれ五感で味わう感動料理です!

f0342355_15024188.jpg
                          (画像提供:大枡屋・深田さん)
f0342355_07343610.jpg

料理長が忙しい中、お料理ごとにそのネーミングとそのいわれを説明に来られると中にはメモを取られるお客さまもおられるほど、皆様熱心に聞き入っておられました。
デザートを含め10種の懐石と8種のお酒に酔いしれ談笑の中、非常に盛り上がった酒宴となりました。

f0342355_07345507.jpg
弊社社長松瀬も負けじとお酒の説明。
昨年から取り組んでいる土壌別のお酒と料理の合わせ方など、普段あまり聞きなれないお酒の楽しみ方に皆さん熱心に耳を傾けて頂きました。

遠くは関東から足を運ばれた方もおられ、皆様の意識の高さが際立ったいいお酒の会であったという印象です。

至らないところも多々ありましたが、次回開催への反省点とし、ますますより良い楽しむ会へとつなげていきたいと思います。

ご来場いただきました皆様、ご協力いただきましたひさご寿司の皆様、
ありがとうございました。


ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村



by matsunotsukasa | 2018-11-20 17:10 | お知らせ | Comments(0)

祝!受賞ラッシュ☆~SAKE Selection~

どうも、管理人のKです。
今回もうれしいお知らせがあります☆
先日、大阪国税局清酒鑑評会でのW受賞をご報告させて頂いた翌日のお話ですが、日本酒のコンテストにて表彰を受けることができました。

こちらは「sake Selection」と言いまして、ブリュッセル国際コンクールという世界的に注目を集めるワインコンクール。ベルギー連邦政府経済省の後援のもとで行われ、各国のソムリエやジャーナリストによる、公正かつ一貫性のある審査が支持されているこの権威あるコンクールに、2018年新たに日本酒部門が誕生しました。

7部門で617銘柄の出品がありそのなかで「プラチナ・ゴールド・シルバー」に該当したものが選ばれるという中で、当蔵は「ゴールド」を頂くことができました☆
審査員の方もフランス、ドイツ、イタリア、ベルギー、イギリス…と海外の審査員が多い中選ばれたことは非常にうれしく、H29BYのビンテージは当蔵にとってもビックビンテージになったように思います。まさに受賞ラッシュの年となっています。

そしてその商品がまたしても「松の司 純米吟醸」。
この商品は当蔵のブログをご覧いただいている方はご存知でしょうが、「関西酒質向上委員会」にて酒販店様部門、蔵元部門でのW受賞した商品であり、お知らせはしていませんでしたが、「IWC」ではブロンズを頂いた商品。そして今回のSAKE Selectionと、こちらも商品としても受賞ラッシュ!!

その他の結果などはこちら→Sake Selection 結果一覧☆


f0342355_13300554.jpg

お取り扱い店舗様はこちら→松の司 特約販売店☆
ぜひお問い合わせの上、一度お試しくださいませ☆

ビックビンテージと言いましたが、「この年は良かった。」だけではなく、このような名誉な結果が出たことに、うぬぼれることなくこれを毎年続けて行けるように精進して参ります。どうぞよろしくお願い致します☆
H30BYの松の司ももう少しで上槽(搾り)になります!ご期待くださいませ。                管理人K



ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

by matsunotsukasa | 2018-11-10 16:45 | お知らせ | Comments(0)

酒サムライ。橘ケンチ氏来社☆

お元気様です。管理人Kです☆

肌寒い日が続くようになってきました。仕事中の16時を過ぎる頃、日が落ちていくと共に肌寒さを感じ、どこか心の奥で…
「あぁ…今日は燗でもつけてみるか…。」って季節になってきました。
蔵の方もあれよあれよと進んで行き、蔵人もボチボチとやってきて本仕込みまであと数日となって参りました。
蔵が動いている。。そんな感じの毎日です。


当蔵に「橘ケンチ」氏がお越しくださいました。この方はEXILEのメンバーの中でも食に関してや日本酒に精通されていて、雑誌Discover Japanで日本酒のコーナーも連載されています。ついにはIWCのSAKE部門をコーディネートなどを行っている団体、日本酒文化を国内外に広め伝えていくために日本酒を愛し育てていく取り組みをされている「酒サムライ 」に叙任されました。しかも、つい先月9月26日に京都は松尾大社にて叙任式を終えられたばかりと言うことで、当蔵としてはとてもうれしい事です。

石田杜氏と話しておられて、とにかく熱心なその姿勢はまさに”酒サムライ”でした。利き酒もして頂きとても良い評価をして頂けたと言うことで、ほっとしております。今後、当蔵としても酒サムライ、橘ケンチ氏の活動を応援させて頂きます。

f0342355_11120199.jpg
とても、とても(当然ですが…)男前な方でした☆
管理人K


そして、その評価頂けたお酒を来る、10/26.27の両日で、試飲販売させて頂けることが決定しております。
こちらも酒サムライであり、MW(マスターオブワイン)の称号を持たれています、大橋健一氏が代表を務める「山仁」様が百貨店に初登場と言うことで、
今回当蔵へお声かけ頂きました。こういった機会はあまりないので不慣れではございますが、一生懸命させて頂きますので、ぜひ一度覗きに来ていただければこれ幸いでございます。

そして、同日26日に同じ日本橋にある「ここ滋賀2階 滋乃味」様にて当蔵がある竜王町の「スキヤキプロジェクト」近江牛と松の司のペアリングのコースが楽しめるイベントも開催されます。こちらもチェックしてくださいね☆

日本橋で「松の司」が大暴れ!!
みたいなことになればいいのですが(笑)試飲しに来て頂いて、その後には近江牛と松の司!!
松の司で楽しい一日にして頂ければと思います。ではお待ちしております☆



ブログランキングに参加しております。
励みになりますのでポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

by matsunotsukasa | 2018-10-19 16:27 | 日記 | Comments(0)